【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

撮人犯商品詳細

制服女子を街ナンパしてカラオケ連行し山手線ゲームで脱がした挙げ句にハメた/1200円

※こちらの商品説明は、可能な限り映像委託者から映像と共に頂いたテキストを元にしておりますが、一部、再構成しております。

—————————————–

いまやナンパは気楽なお遊びではありません。ただ声をかけただけで、過剰に警戒され、事案同然の扱いを受けることもあります。

かつてナンパは街の風景の一部でした。若い子が制服を着て繁華街を歩いてれば、容姿の美醜にかかわらず、ナンパ野郎たちの熱いラブコールに晒されたものです。

もう一度、あの熱気を。あの興奮を。

というわけで、豊島区某所にてナンパしました。時代は違えど、少女の本性そのものに変化はないはず。本心ではゲス男にナンパされて「イヤよイヤよ」と言いたいに違いありません。

まず、駅前通りに車を止めて待機します。時刻は19時を回ろうとしていましたから、学生の通行量は少なくなっています。

この時間帯を選んだのは、もちろんあえて。いまの若い子は周りから浮くことを恐れていますから、周囲の目があるなかでナンパされたら、本心ではどんなに付いていきたくとも無視するに違いありません。しかし、周りに知り合いの目がなければ? リアルの出会いには臆病なくせに、ネットの出会いには旺盛な少女たちですから、積極的に付いてくるに相違ありません。

10分が経過したあたりでしょうか。前方より一人の制服女子が一人で歩いてきました。遠目で分かることは、細身の体型であることと、ショートヘアーであることくらい。

駆け寄りたい気持ちを抑えて、彼女が待機車の横を通過するのを待ちます。もちろん、至近距離においてビジュアルチェックをする意味もあります。

可愛い! 即座にこの子に決めました。

車を飛び降り、すでに待機車を通過し15mほど歩いたところにいる彼女に猛ダッシュで駆け寄ります。

私「すいませーん!」

少女「…はい?」

私「いまちょうどむこうで君のことを見掛けて、すごい可愛くてびっくりしちゃって、思わず声掛けちゃったんだよね」

少女「あ、はい(笑)。え、これナンパ?」

彼女の当惑した様子からナンパされた経験がないことが分かります。とはいえ、嫌がってる風はありません。口角はゆるみ、突如として訪れた非日常を、心無しか楽しんでいるといった感。

私「で、もし良かったらなんだけど、小一時間でいいからさ、カラオケでもどうかな? 」

少女「でも家に帰らないと」

私「うんうん。本当に少しだったら大丈夫だよね。ここで知り合えたのもなんかの縁だし、少しだけさ、遊ぼうよ」

少女「少しって…」

私「少しだよ! カラオケ1時間!決まりだね!」

少女「じゃあ、本当に1時間だけなら」

はい、もらいました。成功率にして100%。これが15年前だったら、こんなうまくはいかなかったはずです。そもそも昔の子はナンパ慣れしてますから、よほど工夫を凝らさないかぎり、耳を貸してさえくれなかったものです。草食化バンザイといったところでしょうか。

あらためて眺めると、どこかリスみたいに人なつこい顔立ちで、それがそそります。
スポーティーな雰囲気があるから部活帰りかな?

彼女、車に乗り込むと、もう一人男がいることを知って、少し驚いた様子でした。と同時に、安心した感じもあり、さっきまでは引っ込み思案な雰囲気だったのに、一気に社交的になります。

そのままカラオケへ移動。最初のうちは普通に歌をうたって無害を装います。勝負をしかけたのは入室後30分経過したあたりでした。

私の相方である道化役の男が歌っている横で、まずは「昨日は何食べたの?」的な世間話を彼女に振ります。さらに談笑が進んだところで、折を見て「手、小さいよね」と振り、その流れで互いの手のひらを重ねるところまで運びます。このボディタッチが重要なんです。

重ねた手をギュっと握ってふざけたりすることで、関係はぐっと親密に、性的になります。このタイミングで道化役の相方が「山手線ゲーム」を振れば、まぁ大抵ノってきます。ここまで完全に台本通りです。

お題は男性陣に有利なものを選択することは、言わずもがなですね。予定通り彼女が負け、罰ゲームを宣告。ここでは順序を踏みません。はなっからエロでいきます。すなわち、「脱衣」です。

ゲームの罰ゲームを拒絶することって実は相当に難しいんです。楽しい雰囲気を自分のこだわりでブチ壊したくない、ここは空気を読もう、それが日本人の気質であり、美点。彼女も例にもれず「え~、ほんとに~?」と言いながらも、「ほんとほんと」「俺らも負けたら脱ぐから」と煽られれば従順してしまいます。

結果、二連敗した彼女は、たちまちワイシャツにパンティーという、実に危ない姿になってしまいました。ピチピチの太ももは実にうまそう。ズボンの中で、不肖がフル勃起しています。

この流れにのって全裸へ…、と歩を進めるのは、避けた方がよいでしょう。おそらく、ミスります。全裸ってかなり抵抗ありますから、1クッション入れておく必要があるんです。つまり、ここでそろそろ「絡み」を罰ゲームに入れていくことで、そうした抵抗意識を腰から砕いていこうという算段です。

道化役が命じたのはDキス。絶妙です。ここで「パイ揉み」とか言っちゃう人は、センスゼロです。少女の意識を溶かすには、Dキスをおいて勝るものなし。人生の先達として持てる舌技をフルに使って、少女の口腔の快楽線を刺激してやれば、キスの甘露に、あるいは自分がいま置かれているありえない状況に、少女の心は脆くも陥落しました。

こうなったらタブーは完全解除。次はあえて私が負け、罰ゲームとしてポコチンを披露。「え~、まじ~、やだ~」と声を荒げながらも、表情は嬉々としているんだから、この子、なかなかのスケベっ子ですね。

あとはなし崩しでした。道化役の「こんな機会なかなかないしさ。せっかくだからチ○ポをじっくり観察してみなよ」という煽りにノセられるまま、少女が私のチ○ポを至近距離で検分。これ、めちゃくちゃ興奮しました。

さらに「握ってみ」と煽られるまニギニギ、調子に乗った私が「ペロっと、ペロっといこう」とフェラを要請すると、さすがに「ほんと? これほんと?」と狼狽えていた様子ですが、フェラするのがイヤというよりかは、ここで本当にフェラしちゃったら私バカみたいじゃない? というニュアンスでしたから、「ほんと、ほんと」とゴリ押せば、ペロっと舌を這わします。

もうね、すでにギン勃ちですよ。とんでもない達成感ですよ。小一時間前に声かけた制服少女がいま私のポコチン咥えてるんですよ。ここはパラダイスかなにかでしょうか。

当然、少女だって幼いオマ○コが欲しくて疼いてるはず。

「入れていい?」という問いに、もはや拒絶する理由はありません。

狭いカラオケの部屋で無理な体制で入れたせいか、あるいは単純に少女の性交経験値が低いからなのか、マ○コの中は異様なまでにきつく感じられました。

そういえば、彼女に私たちの名前すら教えていないことを、挿れながら思い出しました。
名前の交換より早い粘膜の交換。やっぱ青春はこうでなくっちゃいけません。

この日の大成功に味を占め、以降、制服女子ナンパを日々おこなっているのですが、てんでうまくいきません。あれはたった一度だけの奇跡だったのでしょうか。

二度と撮ることができない貴重な映像です。どうぞご覧下さい。

—————————————–

  • ※こちらはシチュエーション動画になります。
    ※被写体の年齢確認は確実に行っており、年齢確認書類のコピーも所持しております。

時間33:01

ここからの商品購入は販売代行サイトを使い購入することが出来ます。 動画の内容はすべて同じものですので、すでにアカウントをお持ちの方はそちらをお使い下さい。アカウントをお持ちでない方は新規登録が必要です。

コアコアにアカウントをお持ちの方

商品購入ページへ行く

FC2コンテンツマーケットにアカウントをお持ちの方

商品購入ページへ行く

.