【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

あたい、アケミ

私は「素人」が大好きです。

素人モノと呼ばれるAVが大好きで、プロと分かると一瞬で萎えてしまいます。私のページをご覧の方々も、そういう方が多いのではないでしょうか。

ただ、皆様にとって「素人」とは一体どのような女性でしょうか? 現在、素人女性とはモデルプロダクションに所属していない女性という解釈が一般的だと思います。

いきなりですが、以下に3人の女性の例を挙げます。この中で皆様はどの女性が一番「素人」だと思いますか?(こちらは一例であり、特定の個人、団体とは関係ありません)

  • 1.今年、北海道札幌市の私立高校普通科を卒業し春に上京したA子。経験人数は高校で二年間付き合った彼氏の一人のみ。上京早々に新宿でスカウトされモデルプロダクションに所属、企画AV撮影の女子高生役で一度だけフェラチオを撮影した18歳。
  • 2.JR山手線日暮里駅最寄に住むB子。個人撮影モデル募集サイトを通じ、これまでに1カラミ5万円で29回ハメ撮りを撮影、援助交際で約80人と関係。週3回のセックス労働が主な収入のフリーターで、撮影、プライベート通じて経験人数146人の21歳。
  • 3.地元、埼玉県南越谷の高校を1年で中退し年齢を偽ってピンサロに勤め始めたC子。ピンサロ→箱ヘル→デリヘルを経験し、18歳になると上京、吉原のソープに在籍し、延べ2000人以上を接客した24歳。

さて、この中で貴方が思う素人はだれでしょうか? こう並べるとプロダクションに所属しているからと言ってプロで、AV出演経験がないからと言って、素人なのでしょうか?

私の答えは、この3人「全員が素人であり、全員がプロである」と思っています。

私が思う「素人」とは「セックスをするつもりのない女」です。

そして皆様が見たいのは「見られていると思っていない素人女のセックス」ではないでしょうか?

前置きが長くなりましたが、

素人を謳いながら、色々な作品に出まくっている女優が出演する素人モノ。

個人撮影で見つけた女とはいえ女優顔負けのフェラや恥じらいの全くない喘ぎをするセミプロ女。

カメラで撮られていても意識することなく、淡々と仕事をこなすかのように進む興醒めセックス。

このような現状が正しいとは私は全く思いません。むしろ、このままでは私がシコるものがありません。

そこで、「素人」を愛する私が、自分のために「本物」の「素人モノ」を撮影し、ここで発表することにしました。

「素人」が好きで好きでたまらない皆様にぜひご納得頂ける様、精進するするつもりですので、よろしくお願いします。

「本物」の「素人」は、今だからこそ「創れる」ものだと私は考えます。

素人の定義

商品一覧ページへ行く