【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第七回 「iphone5Sの発売日」

 

fando07

 

9月19日、銀座のアップルストア前には、長い行列ができていた。

午後10時時点で、約300人。列の先頭にいた家族は、10日前から並んでいるという。

翌20日の午前6時50分頃、ようやく私の手元にも整理券が配られてきた。

夜通しで待っている間、見知らぬ人同士でピザを配り合ったり、ジョブズの話しをしたりと、まるで祭りのように盛り上がっている人がいる一方で、ほとんどの人は、黙々とスマホでゲームをし、時間を潰していた。

そのスマホも、ほとんど全てが、iphoneだった。

株式市場では、iphone5Sに革新性がないことと、同5Cに、新興国での競争力が期待できないことを材料に、アップル株は売り優勢になっていたが、アップルマニアの熱狂に翳りは見られなかった。

私が列に並んだのは、アップルマニア達の関心の対象や、すでに海外経由で入手した5Cの評判を聞き出すためだ。

その中でも、特に注力していたのは、「しゃべってコンシェル」と、「siri」に対する評価だ。

実際には、アップルマニアの間にも、「しゃべってコンシェル」の方が優れているという声が圧倒的に多い。

今回、docomoが、iphoneに参入すると伝えられ、叩き売られた株が、フュートレック(2468)だ。

同社の音声認識技術が、「しゃべってコンシェル」を支えている。

その技術は、フュートレックの子会社の、ATR-Trekが、独立情報通信研究機構や、国際電気通信基礎技術研究所の技術をベースに開発したものだ。

docomoが、iphoneに参入すれば、フュートレックにとっての、最大の収益源が消滅してしまうという懸念が、マーケットに広がったのだ。

だが、実際には、11月中旬をメドに、docomoは、iphoneでも、「しゃべってコンシェル」のサービス提供を予定している。

また、フュートレックの音声認識技術は、パナソニックのエアコン操作用アプリに使われたり、歩きながら声だけで業務日誌を作成できるサービスが、「保険市場」を運営するアドバンスクリエイトに採用されたりもしている。

今後、自動運転自動車が普及していく段階では、同社の音声認識技術が、「しゃべってコンシェル」以上に注目されると、私は予想する。

株式市場は、東京オリンピック開催決定を機に、日足チャートで3ヶ月続いた三角保ち合いを一気に上抜け、5月の高値奪還も視野に入ってきた。

一方で、フュートレックの株価は、9月20日前場終値で799円と、5月高値の半値以下に放置されている。

マザーズ銘柄だが、有利子負債がゼロで、配当も出る同社の株は、今が底値だろう。

「しゃべってコンシェル」に「iphoneってどう?」と話し掛けると、「難しいことおっしゃいますね」と返答するという。

docomoのiphone5Sの「しゃべってコンシェル」が、同じ質問にどう答えるのか、まあ、私としてはどうでもいい。

松本K
元諜報員。米諜報支援企業L3コミュニケーションの関連組織で訓練を受けたとされる。現在は、金融資産1000万ドル以上の投資家に対する情報提供を生業にする一方で、自身もマーケットに参加している。テルアビブ生まれでテヘラン在住、中国人民銀行の周小川とパイプを持つと言われているが、実態に関しては不明な部分が多い。かつて、雑誌『BUBKA』で連載記事を書いていたが、国際金融資本からの圧力で連載休止に追い込まれたという噂。

ヘッジファンドに情報を売る男記事一覧

カチカチ丘コラム一覧