【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第六話

 

黄金会館は、5階建てだった。

2階には、ビデオを流す映写室があった。

映写室のスクリーンに映っていたのは、太った中年の男同士が、シックスナインをしている姿だ。

20脚ほど並んだ、リクライニングソファーには、5、6人の客が、まばらに身体を横たえていたが、特に、何かをしているわけではない。

映写室の片隅には、5枚の敷布団が敷きつめられたところがあり、そこには、女用のカツラを被り、黒の網タイツをはいた、オカマがいた。

部屋が暗いせいもあって、遠目には、美人に見えなくもないが、広い肩幅が、女ではないことを物語っていた。

柏木にとって、目にするもの全てが、新鮮だった。

気味悪くもあり、怖くもあったが、渋谷や新宿を歩いている時のような、居心地の悪さはない。

3階に上がると、そこには迷路のように入り組んだ通路があり、ところどころに、6畳ほどの雑魚寝部屋があった。

1つ目の部屋は、空だった。

2つ目の部屋には、男が2人寝ていたが、何もしていない。

3つ目の部屋を覗いてみると、男同士でセックスをしている姿が目に入ってきた。

50代の男同士だろうか。上になった男が、下になった男の腹の両脇に手をついて、腰を振っている。

そして、2人の男たちの傍にいる60代くらいの白髪の男が、横から手を伸ばし、下になっている男の乳首を摘んでいた。

会話は無い。

ハア、ハアという吐息と、ギシギシと、壁が軋む音だけが、暗い部屋の中に広がっていた。

柏木は、そっと近付いていった。

結合部を見てみたいと思ったからだ。

上になっている男の後方、1メートルのところに腰を下ろし、その部分を覗き込む。

男のキンタマが邪魔していたが、男が腰を引いた時、暗がりの中に、はっきりと、結合部が見えた。

柏木は、「信じられない」と、心の中で言った。

肛門を抉るように、血管の浮き出た男のイチモツが、深々と根元まで入っていた。

そのイチモツは、コンドームを被っていない。

男同士の生セックスだった。

柏木は、もの凄いものを見てしまった、と思った。

白髪の男が、「イキそうか」と、下になっている男に声を掛けた。

男は、返答せず、「ああ…」と太い声で悶えた。

上になった男の動きが早くなる。

そして、男は、「イクよ…」と、言うと、その5秒後に、「ううっ」という吐息を吐き、動きを止めた。

それが、衛生上、問題のある行為であることは、柏木にも分かった。

怖くなった柏木は、立ち上がると、2、3歩、後ずさりした。

足の裏に、ヌルッとした感触を覚えた柏木は、その部分を手で拭うと、それを嗅いだ。

生臭い匂いが、柏木の鼻腔を突いた。

慌てて、階段を駆け降り、1階の洗面台で、液体石鹸を大量につけて、手を、指の股までよく洗った。

黄金会館の中は、柏木が今まで生きてきた世界の常識など通用しない。

嫌なら、フロントにロッカーキーを返し、さっさと浅草の街に逃げ出すこともできた。

一歩、壁の外に出れば、そこには常識の街が、いつものようにある。

しかし、その常識の街で、柏木は、27年間、一度もモテたことがないというのも、また、現実だった。

柏木が、生まれて初めてモテたのは、瞑想サウナという異空間だったし、次にモテたのも、発展場になっている映画館だった。

どうして、黄金会館なんかに、わざわざ来たのかと自分に問えば、正直な柏木なら、「モテたかったから」と、答えただろう。

洗面台の鏡には、27歳の男の顔が映っていた。

目は一重で、鼻も丸い。若い女で、その男をイケメンという人は恐らくゼロだろう。

だが、その男は、黄金会館にいる、他の誰よりも若かった。腹も出ていない。

運動が嫌いだったせいで、脚も女のように白く、ゴツゴツした感じがない。

柏木は、「生でされそうになったら逃げればいい」と、自分に言い聞かせ、エレベーターで、5階へと向かった。

エレベーターを降りると、ソファに2人のオカマが座っていた。

その前に、50歳くらいの男が立ち、オカマ2人と話しをしている。

柏木は、その脇をすり抜けて、奥へと進む。

そこは、3組の敷布団と、壁際に、2組のソファが置かれた雑魚寝部屋だった。

更に、その奥にも部屋があり、そこには、2段ベッドが2つと、4組の敷布団が並んでいた。

どちらの部屋も暗い。

柏木は、湿っぽい空気を吸い込みながら、目が暗さに馴れるのを、立ったまま待った。

湿り気に混ざって、精液の匂いも、柏木の胸のなかに吸収されていった。

暗さに馴れた柏木が見たのは、エレベーター近くのソファにいたオカマとは、また別の3人のオカマと、それらのオカマと何かしている3人の男の姿だった。

オカマは、女装しているため、何歳なのか分かりにくい。

3人のうち、2人は、ニーハイソックスをはいていたが、露出している太股の部分は毛も無く、女のそれに見えた。

オカマたちは、それぞれ、男に乳首を吸われたり、男にイチモツを扱かれたり、男とシックスナインをしたりしていた。

それらは、一見、男と女のセックスのようにも見えた。

それは、男たちが、オカマを、女のように扱っていたからかも知れない。

オカマたちも、女に似せた裏声を使って悶えていた。

恐らく、どのオカマも、柏木ほど若くはないが、相手をしている男たちに激しく求められていることを、柏木は感じた。

柏木は、胸の辺りが、ザワザワしていることに気が付いた。

それは、嫉妬だった。

柏木は、布団の上に仰向けになると、わざと浴衣を乱して、イチモツを覗かせた。

10分経っても、誰も寄って来ない。

柏木は、右手で自分のモノを握ると、周りから見えるように、それを上下に扱いてみたが、やはり、誰も来ない。

上体を起こして二段ベッドの方を見ると、その一段目のベッドの上で、男がオカマのイチモツを、喉の奥まで咥え込みながら、根元を扱いていた。

27歳の自分より、年のいっているオカマの方がモテている現実に、柏木の胸は締め付けられていった。

 

meisou

 

結局、男にカラダを一度も触れられないまま、柏木は黄金会館を出た。

通りを、若いカップルが手を繋いで歩いていた。

男の方は、いわゆるイケメンだった。

しかし、目の前の建物の中で、中年の男同士がコンドームも着けずにセックスしたり、オカマが男にイチモツを吸われたりしていることなど、知る由もないだろう。

柏木は、すでに自分が、壁の向こう側の人間になった気がしていた。

月が、スカイツリーのすぐ横で、青く光っていた。

 

志井愛英
小説家。昭和41年生まれ。同性愛者、風俗嬢、少数民族、異端芸術家など、マイノリティを題材にした作品が多い。一部の機関誌のみでしか連載しておらず、広く一般に向けた作品は本篇が初。

瞑想サウナ記事一覧

カチカチ丘コラム一覧