【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第三回 「死者でシコれるか」

 

 日本の音楽ファンは国民性なのか、好きなミュージシャンのプロフィール、趣味嗜好などを細かく知りたがる人が多く、海外のミュージシャンに「日本人はそんなことまで知りたがるのか?」と驚かれることが多いそうだ。

 この傾向はシコる対象にも発揮されるように思える。週刊誌のグラビアを見れば、プロフィールを確認するし、ネットで美女の画像が貼られれば、誰?誰?とプロフィールを知ろうとする。

 今何才で、何県出身でスリーサイズがいくつで・・・と知ったところで、お近づきになれるわけでもないが、知っていたほうがなんとなく身近になったような感じがして、シコり方にも気合いが入り、より気持ちいい・・・ような気がする。

 
 但し、シコるのには想像力を必要とするので、自分とヤっているところを想像できないような相手ではシコりづらい。

 
 ミランダ・カーは美しいが、あまりにも住む世界が違いすぎて、イベント中にハプニングでおっぱい丸出しになった時の写真を週刊誌で見ても、購買意欲もシコる意欲も湧かなかった。

 知り得た情報がシコるのを邪魔することもある。

 ここ数年、週刊誌上で、女優やアイドルの過去のグラビアを再掲する特集をよく見かける。

 中には過去にシコった写真もあるが、「よしっ、今日は久しぶりにこれでシコろう!」とはならず、「この人もう子供3人産んだオバさんなんだよなぁ」など、シコらない理由がすぐに頭をよぎる。

 先日、夏目雅子さんのキャンペーンガール時代のビキニ姿が載っていた。

 映画「鬼龍院花子の生涯」で仲代達矢におっぱい吸われてる場面でシコったことはあるが、死んじゃってるしなぁ・・・ということで、すでに故人になっている方もシコりづらい。

 

sikosiko03_01

 

 異なる世界に旅立たれた相手に畏怖の念を抱きながらシコるのは困難だ。

 

sikosiko03_02

 

 

 以前、エロ本の整理をしていたら、ZARDの坂井泉水さんが、まだ無名のレースクイーン時代にハイレグから豪快にハミ毛をしている投稿写真が掲載されていて狂喜したが、あれはどこにしまったかな・・・と思っているうちにお亡くなりになってしまった。

 死因に事故説や自殺説もあることが、探す気力を失わせる。

 先日、女子高生が元交際相手にストーカー行為の上に殺害され、容疑者が凶行前に彼女の裸や性行為中の画像、動画をアップロードしていたことから、ネット上は騒然となった。

 話題になった時には既に削除済みだったが、被害者が大変な美マンの持ち主だったということで、何とか入手できないものかと騒ぎに拍車がかかっていた。

 
 多くの人が、死者でシコることの是非について考えさせられたのではないか。

 
 「人は皆、いつかは死にますから自分は平気です。シコれます」

 こんな人もいるかもしれないし、ある意味タフな男といえなくもないが、何らかのトラブルを起こすような気がするので、私が採用担当者なら見送りたい相手だ。

 岡田有希子さんの水着姿やパンチラ画像は、今やネットで容易に手に入るが、見ても悲しい気持ちになり、シコる気持ちにならないし、坂井泉水さんのセミヌードもある写真集は一時期15万円の高値がついていたが、これもネットで画像が入手しやすくなったとはいえ、1万円台にまで値下がりしていた。

 亡くなったことで15万円払ってまでシコりたい人がいなくなってしまったのだ。

 やはり自殺や殺人は絶対にしてはならない。

殿方充
芸人。「浅草お兄さん会」第6代チャンピオン。「下ー1グランプリ」第1回、第3回優勝。4才よりオナニーを継続中。

竿に訊け記事一覧

カチカチ丘コラム一覧