【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第二十一回 「フリーアナウンサー美馬怜子 武豊に仕掛けたハニートラップ策略 世間にバレバレ、非難のド壷」

 

 

◆『朝ズバッ!』(TBS系)のお天気キャスターを務めていた頃から、大物司会者、みのもんたに擦り寄るあざとい媚態、プロヂューサーにバレンタインのプレゼントを渡す挑発の微笑など、業界では評判の寝業師、御機嫌取りのお色気派として、巧いよな、よくやるよ…と苦笑まじりに眺められていた美馬怜子である。

 

騾上¢繝輔y繝ゥ繧ヲ繧ケ縺ョ蟾ィ荵ウ

 

朝の6時台、Eカップの巨乳を透けるブラウスに包んでご出演する姿に、お茶の間のお父さんはずいぶん悩殺されていたのであった。

 

雜・Α繝九・閼・°繧我ク狗捩

 

めちゃスポーツ好き、特に競馬はバリバリの趣味ともいえる造詣の深さで、狙うなら騎手だろう…という大方の予想は、ズバリ的中である。

 

しかも相手は競馬界のトップ選手、武豊である。

 

10月3日、武豊が中山競馬場でG1レース「スプリンターズ・ステークス」に騎乗した日に罠は仕掛けられた。夜遅くまでテレビ出演の続いた後、武豊は黒の丸メガネ、細身のスーツで夜の六本木を歩いていた。関係者によれば、この丸メガネは、武がテレビ用に使用するメガネで、重要なプライベートには絶対に掛けないモノだ…という証言もあるのだが。

 

さて酔って千鳥足の武豊にぴったりと躰を密着させていたのは、美馬怜子である。胸元が大きく開き、深いスリットは腰骨まで達し、脇から手を潜らせれば即、股間に触れられる超セクシーな黒い挑発ドレスだったという。

 

豁ヲ雎顔ア邨。・

 

 

六本木の交差点のど真ん中、武豊は美馬怜子と寄り添い、歩きながら割れたドレスの裾に手を滑らせ、太腿、腰から股間、尻へとまさぐった、と「女性自身」では伝えている。10数センチの高いヒールを履いていた美馬怜子は、遮るどころか股をうねらせ、トロンとした瞳で誘うように武豊を見ていたという。

 

もちろんその後、ホテルに消えたという事だ。

 

fndjfdjg

 

 

後日、この件に関して、関西のドン、上沼恵美子が噛み付いた。

 

六本木のど真ん中で、あんなにカメラマンさんに撮りやすく道を開けて、偶然やあらへんと思うわ、だいたい時間と場所を打ち合わせしたのが見え見えですわ…と番組で声高々にハニートラップ説を唱えたらしい。

 

それを補強するように、テレビ関係者は、木梨憲武と水谷豊が、武豊の奥さんである佐野量子と久方ぶりに対面する番組が撮影され、放映間近のこの日に、武豊が妻に隠れて浮気するのは考えにくいと憤る。

 

美馬怜子ならヤるはず…という周囲のハニートラップ理解者をどう説き伏せるのだろうか。新展開に期待したいものだ。

 

—–お知らせ—–

夏岡師範代が総帥を務めていた素人投稿写真雑誌「ニャン2倶楽部」シリーズが10/3発売の「ニャン2倶楽部Z 11月号」を持ちまして(株)コアマガジンでの刊行を終了致しました。

それに伴い、夏岡師範代の傑作投稿写真の紹介ブログ「夏岡彰の日記」がリニューアル!!!

「夏岡彰の羞恥日記」←こちらをクリック&センズリ!

 

師範代/夏岡 彰
素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

復活!日本ミニスカ倶楽部記事一覧

カチカチ丘コラム一覧