【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第十五話

 

『多々良書店』は、地方の街道沿いによく見掛けるような、アダルト書店の類の店だった。

チェーン展開しているような大型の店ではない。

入ってすぐ左手のエリアに、数人の客が集まっていた。

女装子が2人に、純男らしき男が4人。

女装子の1人は、肌は白いが太っていて、『ミスト』にいたら、決っしてモテる部類ではない。

もう1人の女装子は、肩幅が広くて長身。

女装していても40歳は優に超えていることが分かる。

4人の男たちの視線は、一気にゆきに集まってきた。

スカートから露出している脚や、パットで膨らませてある胸の辺りに絡みついた視線は、やがて、ニーハイソックスとスカートの間の「絶対領域」に相当な時間滞在した。

「コーちゃん、すっごい美人じゃない、そのお嬢さん」

女装子の1人が、平松の兄であろう男に向かって言った。

そう言えば、男の名前を聞いていなかったなと、ゆきは思った。

「コーちゃん…」

ゆきは、頭の中で復唱した。

編集長の平松の名前は、宏治(こうじ)だ。もしかしたら、平松の兄は、弟の名前から、ニックネームにしているのかも知れない。

「こちら、ゆきさん。東京から来ているんです。ちょっとしたことで知り合ったので、今日、付き合ってもらったんです」

平松の兄らしき男は、誇らし気に、先客たちにゆきを紹介していった。

それから30分が経った。

イベントと聞いていたが、司会がいるわけでも、見せ物があるわけでもな い。

ただ、アダルト書店に、女装子と、女装子好きの男が集まるだけのイベントかも知れない。

初対面の純男2人は、ゆきの両側に立って話しをしながら、ゆきの手をそれぞれが握っていた。

その時、入口のドアが開き、前頭部の禿げた50絡みの男が、ミニスカートに白いロングブーツ姿の若い女を連れて入ってきた。

レベルの高い女装子か、ニューハーフかも知れない。

ゆきは、それまでにいた2人の女装子には間違いなく「勝った」と思っていたが、今入ってきた女には、到底敵わないと即座に思った。

「あっ、苺香ちゃん」

平松の兄だろう男が、その美人に声を掛けた。

女優の山本美月にも似たその女は、

「コーちゃん、ご無沙汰してます」

と、にこやかに返事をした。

「こちら、苺香さん。苺の香りと書いてマイカと読むんです。先生の彼女の純女さんです」

平松兄は、そうゆきに説明すると、

「こちらは、東京から遊びに来ている女装子のゆきさんです」

と、その美人と、禿げた男にゆきを紹介した。

「じゃあ、今日は、ゆきさんお借りしていっていいかな」

先生と呼ばれていた禿げた男は、平松兄に尋ねた。

そして、ゆきの両隣にいた2人の純男に、

「ペプシさんと、ノボルさんも、よかったらどうぞ」

と、言ったのだった。

何のことか分からないうちに、ゆきは、禿げた男と、その彼女である美人、それに2人の純男と、『多々良書店』を出ることになった。

平松の兄だと思われる男は、

「ゆきさん、またお会いできることを楽しみにしています」

と、他人事のように、ゆきが店から出て行くのを見送った。

その後、『多々良書店』に残っていた女装子や、平松の兄を含めた純男が、何をしたのかは、ゆきは知らない。

ゆきは、AMGのベンツの助手席に乗せられていた。後部座席の中央には、苺香が、その両脇には、ペプシと、ノボルと呼ばれていた、30代後半から40歳くらいに見える2人の純男が座っていた。

 

meisou

 

 「一体どこに行くんですか」

そう聞くのは当たり前の権利だが、ゆきは声に出せない。

ゆきは、ベンツの窓越しに、いつまでもついてくる月を眺めながら、これから何をするのかを、禿げた男が話してくれるのを待った。

「ゆきさんって呼んでいいのかな。いきなりで驚いているかも知れないけ ど、私は医者だから、決っして無茶なことはしない。だから安心して楽しんでくれ。後ろにいる苺香は、うちのナース。まあ、私の奴隷でもあるのだ が…」

平松の兄らしき男が、目の前の禿げた男のことを「先生」と呼んでいたの は、その男が医者だからだろう。そして、看護士が愛人というわけか。

ベンツは、ゆきの不安とは裏腹に、間もなく、ガレージ式のラブホテルの敷地に入ると、サウナ付きの特別室と書かれた部屋の駐車スペースに停まっ た。

5人で部屋に入ると、すぐにフロントから電話が掛かってきた。

受話器を取った「先生」は、馴れた口調で「5人で入りました。バスタオルなんかの追加は持って来てもらわなくて大丈夫だから」と言って、受話器を置いた。

そして、ソファーに座るゆきの方を向くと、

「ゆきさん、よかったら、うちのナースのレズの相手をしてくれないか。もちろん、それなりのお礼はさせてもらうから」

と、言った。

「まずは、いつものように、ペプシさんとノボルさんで、苺香を濡らしてやってくれ」

「先生」にそう言われた2人の純男は、そそくさと服を脱ぐと、バスルームに向かい、あっという間にバスタオルを腰に巻いた姿で戻ってきた。

ペプシという男が、ナースの唇に吸い付き、ノボルが、ナースの後方から手を伸ばし、胸とスカートの中をまさぐっていく。

ゆきは、喉がカラカラに乾いていた。

それは、極度の緊張からだった。

ナースとレズをするということは、本物の女とセックスをすることに他ならない。

男のモノはこの1年で幾つも咥えてきたが、女のカラダに触れるのは、3年半前に柏木として、新宿のヘルスに行って以来だ。

ましてや、女の膣に挿入することなど、一度の経験もなかった。

ゆきの隣りに、ペットボトルのお茶を持った「先生」が腰を下ろしてきた。

「まあ、お茶でも飲みなさい」

「先生」は、そう言うと、ジッパーを下ろし、まだ柔らかいままのイチモツを露出させ、それをゆきに握らせていった。

目の前のベッドの上では、ノボルがナースの股間に顔を埋め、顔を真っ赤にしながら、もの凄いスピードで舌を動かしている。

ナースの口は、ペプシの硬直し切ったイチモツで塞がれていた。

「先生」は、ナースに向かって、

「苺香、じゃあこっちに来て、ゆきさんのをしゃぶらせてもらいなさい」

と、言った。

 

志井愛英
小説家。昭和41年生まれ。同性愛者、風俗嬢、少数民族、異端芸術家など、マイノリティを題材にした作品が多い。一部の機関誌のみでしか連載しておらず、広く一般に向けた作品は本篇が初。

瞑想サウナ記事一覧

カチカチ丘コラム一覧