【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第七回 「大麻じいさんとシャブばあさん」

 

むかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんがいました。

 

21

 

 

おじいさんとおばあさんはやまのなかでくらしています。

 

そこは、このきせつになるととかいにすむわかものがまよいこんでくることがよくあります。

 

「あれ? ここだとおもったけどな。またおなじようなけしきだ」

 

01

 

 

きょうもまたひとり、やまにみせられたわかものが。

 

03

 

 

「なんだこりゃあ? ひとつだけかわったこやがある」

 

わかものはおそるおそるちかづくと、なかのようすをのぞいてみました。

 

02

 

 

「おっと、そこにだれかおるな? のぞいとらんではいってこい」

 

こやのなかからこえをかけられ、しまつのわるくなったわかものは、いわれるがまままねきいれられることに。

 

 

なかには、やたらようきなおじいさんとむくちなおばあさんがふたり。なにもないさっぷうけいなこやのなかで、ふたりともがらすでつくられたつつをくわえていました。

 

04

 

 

「おお、おお。よーきた。そとはさむかったじゃろ? まずこれであったまれ」

こやのなかにまねきいれたわかものに、おじいさんがまずじぶんがくわえていたがらすのつつをてわたしながら、やたらとからだをみっちゃくさせてきます。

 

「なになに? じぶんのてんとがわからんくなった? にたようなてんとばっかだもん、そういうことってあるある。で、これすったことある? て か、じぶんどっちは? わしがすってるのはたいま、ばあさんがすってるのはしゃぶ。どっちどっちどっち? それともちゃんぽんしよっか? またおどりにいくじゃろ? どっちもいれてくのがわしはいいとおもうがのー」

 

05

 

 

とわずがたりのおじいさんをしりめに、たんたんとさぎょうをこなすよう に、つつをひであぶりだすおばあさん。はじめてはなしかけてきて、

「このしろいけむりすっとすいこんで。すえた? じゃあまたちょっとひであぶってけむりがあがったらそれすいこんで。したのまんなかにあまいあじがしたらそれですえてるから」

 

08

 

 

もともとわかものも、きょうみがなかったわけではありません。すすめられるまま、じいさんとばあさん、こうごにひとくちずつためしていきます。

 

07

 

 

「てゆかさ、いまおもったけど、なんかこんなかんじでてんとをみうしなったわかものをよなよなひきこむ、大麻じいさんとシャブばあさんってこわいかんじのむかしばなしでありそうじゃない? これでよわしたわかものをおおきなおなべでことことにこんでたべちゃうの。んでよくみるとこやのまわりはじんこつがいっぱいに…うひっひっひっ」

 

10

 

 

「それはないんちゃう?」と、ばあさん。

 

「いや、あるって! というかあることにしよ。だっていまここにはさんにんしかおらんわけだろ、だからさんにんがあるっていえばそれはあるわけ、かねだってそこにかかれてるきんがくぶんのかちがあるっておおぜいがおもってるからただのかみにかちがあるのとおなじように。さんにんともがあるとおもえばそれはしんじつなの」

 

11

 

 

「もー、うるさい。いまだけ、すうときだけしゅうちゅうさせてあげて」

 

「ところでさ、これもすごいしょうちょうてきやとおもうんやけど、じいさんが大麻、ばあさんがシャブってなんかぴたっとくるもんがあるよね。おとこは大麻でおんなはシャブってなんか、まさに! ってかんじせーへん? べつにきめせっくすとかそういうことじゃなくて、いきものとして。おかもとたろうとおかもととしこみたいな。とらさんとさくらみたいな」

 

10

 

 

「だれもきいてへんで」

 

「え? なに? わし、しゃべりすぎ? うるさい? あまりにとーくがきれすぎでわらっちゃってすえないってかんじでこまっちゃう?」

 

11

 

 

「いや、べつにまったくおもしろくはないけど」

 

「うそ!? まじ? いや、きみぃ。わかもの、わかものはちょっとわらってるやん。なぁ、わかものはちょっとおもしろかったやろ? なに、いまいきとめてるからこれはいてからしゃべるって? うん。じぇすちゃーでかんぺきにつたわったわ。うんわかったじゃあいっしゅんだまるわ、ごめん」

 

10

 

 

 

 

 

 

12

 

 

「ぐふっ! げっほ、げほ!」おもわずふきだしてしまったわかもの。

 

そのすがたをみてじいさんとわかものはふたりでおおわらい。ばあさんはひとりしらっとみているそのつめたいかおをみて、またふたりはおおわらい。

 

13

 

 

「わらわらわらわら。ところでさ、さっきゆってたはなしだけど、きみどっちは?」

 

きゅうにといかけられたわかものはへんとうにきゅうしてしまいます。う ん? どっちは? なにとなにの?

 

09

 

 

「いや、ちょいまえにきいたやん。だから大麻とシャブ」

 

「あー。それですか。じつは大麻はまえにやったことあるんですけどシャブはさっきのがはじめてなんです。だからどっちとかいうのはよく…」

 

「そうなんや。じゃあいまはもうどっちもやったわけやん。んでたぶんどっちがすきやとおもう? べつにどっちでもわしはかまわんけどな。いちおうこれ、こうれいになってるからこのいえにあそびにきたひとにきくの」

 

「いえ、まだどっちのがどうきてるかとかそこまでじかんたってませんし …」

 

15

 

 

「うん。わかるわかる。まだいまいれたとこやしな。じゃあすったかんじ、どっちがすいやすい? それだけおしえてや」

 

 

16

 

 

「おっとそこまでだ!」

 

!?

 

ふいにこやのとびらがひらかれ、そこにはチンチンカモカモが!

 

17

 

 

おや? とチンチンカモカモが大麻じいさんをみて、だいじょうぶか、めがちばしってるぜ……すると大麻じいさんはとくいげに、なぁに、ちょっとしたおあそびさ……とじぶんのあたまをこつん! とかるくはじいて、そら、これでどうだい、よくなったじゃないか……

 

きゅうなことにおどろくわかものにチンチンカモカモは、

 

18

 

 

「これがいつものこいつらのてぐちなんだよ! ちょっときゅうけい、とてんとにもどるわかものをこやにひきこんでわるさをおしえる。じぶんたちがそとにでられないもんだからこんなことをしてるのさ。べつにどっちはかこたえて、えらばれなかったほうがきみをたべちゃう、とかそんなことはないからあんしんして! さ、もうそろそろすてーじがはじまるよ、いったいった!」

 

チンチンカモカモにせなかをおされたわかものは、なつへはしりだしていきます。

 

19

 

 

大麻じいさんとシャブばあさんは、チンチンカモカモにはかまわず、なんとなくこやのゆかをいってんみつめしながらぼーっとしています。ときおり、わかものがはしっていったほうから、かすかなまつりばやしのようなどん、どん、どん、というおとがながれてきます。

 

20

 

 

「あーあ。ぼくのなつももうおわりかー」

 

そうつぶやいてごろん、こやのゆかにねそべったチンチンカモカモのひらいたくちからふわふわとのぼっていくしろいけむりは、わりとながいじかんでつづけていましたが、やがてそれもきえました。

 

14

 

 

文・福田信哉/絵・いなおかつかさ
当サイトの運営をしております福田が文章、その友達の稲岡が絵を描いております。真っ当な正義、真実の愛をテーマに児童文学に挑んでおります。

それイけ! チンチンカモカモ記事一覧

カチカチ丘コラム一覧