【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第二十四回 「歌姫・浜崎あゆみ、チラリどころかテレビ史上最大のパンティ面積を公開」

 

 

縺ゅf闊槫床・

 

 

◆まだTOKIOの長瀬智也とガチに付き合っていて、結婚間近と噂される頃だったが、浜崎あゆみが、確かテレビ「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」に出演していて、超ミニの下のパンティに付いて、ダウンタウン浜ちゃんから彼女にキツーィ質問が飛んだ。

 

「えーッ、……いつもヒモパンだからぁ…、そんなのワカラないー」

 

そう言ってのけたのだ。あの綺麗なお高い顔で、確かにヒモパン…と発音したのだ。私はのけぞった。喰っていたカップ麺をゲホッと噴いた。アイドルがゴールデンタイムに、ヒモパン…と発音するか。

 

浜崎あゆみは、ヘアメイク、スタイリスト、ジャーマネ、お付き、友人、ガードマンなど、ごろつきを15人もゾロゾロと引き連れ、局を練り歩く、権勢絶頂の時期であった。

 

縺ゅf逡ェ邨

 

 

まだエイベックスの売り上げをダントツで担っていた頃の話しだ。

 

いつか、決定的なパンチラは、とんでもないヒモパンのはず…とマニアたちは期待を込めて予想していた。なんじゃこれは…。

 

縺ゅf蜿イ荳頑怙螟ァ繝上z繝ウ繝√Λ

 

 

過激なヒモパンとは似ても似つかぬ純白おパンティではないか。

 

ちょうど所属事務所エイベックスとの軋轢が報じられ、あゆのレコード売り上げは史上最低を記録した頃であった。エイベックス本体があゆのCMを握り潰し、レコードプロモーションにも後ろ向きなったと噂されている凋落の頃だった。

 

浜崎あゆみは、これでも懸命に勝負に出たのではないか。テレビカメラの前、スツールに腰掛けて、これほどの面積を晒すのは容易ではない。まさにヤるぞ…と覚悟しなければ、この面積は実現できない。純白のアイドル・パンチラの範疇の中で思い切った勝負、浜崎あゆみはやっぱり歌姫である。

 

縺ゅf闊槫床

 

 

だがいつか、ヒモパンも頼むぜ。

師範代/夏岡 彰
素人投稿プライベート写真雑誌「ニャン2倶楽部」の元締め。野外調教人として羞恥プレイの実践派。「日本ミニスカ倶楽部」の師範代。現在は、「ミニスカ熟女・推進委員会」の座長。小便娘のミニよりも、熟年世代の恥艶ミニを推奨している。趣味:官能スケベ小説の熟読、有名女優の映画ヌード場面の鑑賞。

復活!日本ミニスカ倶楽部記事一覧

カチカチ丘コラム一覧