【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第三回 「エロ本を作って逮捕された人のインタビュー その1」

 

 

先日、こんなニュースが流れた。

『全国の39都道府県警は3日から4日にかけ、ファイル共有ソフトを利用した児童ポルノ事件の一斉取り締まりを実施し、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの 疑いで関係先117カ所を家宅捜索、15人を逮捕したー』

世の中には困った人がいたものだ。 たかが己が性欲を満たすために法律を犯すとは…。特に我が国は、未成年者保護の意識が甘いとユネスコに指摘されるほどロリコン天国といっても過言でない状況だ。そこで、政府は、ようやく児童ポルノの摘発に本腰を入れ始めたというワケだが、これからオリンピックも開催されることだし、悪質な児童ポルノに対する締め付けはいっそう強化されるべきであろう。ぜひ、当局の皆さんには頑張っていただきたい! 

 さて、そうは言いつつも、私にロリコンに対する恨みや嫌悪はさらさらない。むしろ気が合いう連中はロリコンばかりだ。そこで今回は、そんなロリ仲間への忠告の意味を込めて、私が尊敬する大先輩、O氏のお話しを伺った。なんと氏は、あの悪名高き罪状、“児童福祉法違反”で逮捕歴のある、いわばロリ人種にとっては神のような…、もとい、悪魔のような存在なのである。漫画やアニメでシコシコとセンズリばかりこいてる二次元オタとは格が違うのだ。はたして氏はなぜそのような称号…、否、罪状を背負わされたのか。先輩を反面教師に、明日からの安心安全なセンズリライフを手に入れてくれ!

 

「今から25年ほど前だね。明治大学を卒業した俺は、教科書ドリルを作る会社に就職したんだよ。実は俺、結構真面目で硬派な青年だったから。ところが一年でドリルを作るのに飽きちゃって、その頃、ロックでサブカルなイメージを持っていたある出版社に転職した。でも、そこは、見たこともないような過激なエロ本もいっぱい作っていて、俺は右も左も分からないまま某アダルト誌に配属されちゃったんだ。最初は驚いたね。けど、徐々に慣れてくると、こんなに面白い仕事はねーなって思った。だって撮影に行けば、超可愛いアイドルやヌードモデルに会えるんだもん。それからは、家にも帰らず会社に泊まって働きづめになるワケよ」

 その頃はバブル景気全盛期。インターネットなんて用語もまだ誰にも知られてない時代、エロ雑誌は創刊すれば創刊するだけ売れまくり、編集者は多忙を極めていたそうだ。

「もう、週に六回は撮影に行ってた。朝八時に新宿の中村屋の地下に集合して、他県のスタジオまで車を飛ばして夜中に帰ってくる。そんな生活も、可愛い女の子に会えるワケだからぜんぜん辛くはなかった。でも、次第に時代は、アイドル路線から素人路線へと転換していく。エロ雑誌の世界では、街中で素人女性に声を掛けてパンチラや大ネタ(ヌードやセックスシーン)を撮ってしまう“ナンパカメラマン”が人気を博し、テレビでは、少し前に流行ったオールナイトフジの影響で女子大生ブームが巻き起こっていた。誰かの手によって作られたアイドルより、素人娘の天然の魅力を世間は求めていたんだろうな。それで、俺が所属していた編集部でも、素人雑誌を作ろうってことになったんだけど、今思えば、それが間違いのもとだった…」

 ここから話は事件の核心部へと突入していくわけだが、その前にちょっと目先を変えて、当時のアダルト表現の規制事情を説明してもらおう。1980~1990年代。当時と今とどう違うのか、読者の皆様も、思い返して欲しい。

「当時はね、ヌードモデルのアンダーヘアさえ解禁されてない時代だよ。誌面では、股間を真っ黒に塗り潰されちゃう。あるいは、そーゆー消しの入らないグラビアは、乳首や股間を石鹸の泡で隠すのが常套手段だった。お風呂タイム。今の着エロみたいに極小水着なんてなかったから、チューブトップのビキニを着せて、それで局部に泡を乗せて見えなくしちゃう。ところが、時の流れは、だんだんと透けもOKの方向に傾いて行くワケよ。乳首とヘアをうっすら透けさせる。もちろん、俺が携わっていた雑誌でも常に透け透けのグラビアを撮影するようになったの。たぶん女子高生も透けさせてたと思うよ。それが俺にとっては一つの事件だったね」

 それまではロリはロリ、女子高生は女子高生、ヌードモデルはヌードモデルと、明確な棲み分けがあったそうだが、だんだんその境目が曖昧になって行ったようだ。撮影担当の彼は、現場にやってくるモデルを口説き、可能な限り透けさせることに苦心するようになった。

「気分的には進まなかったけど、やっぱりメインの企画だったから興奮するものを撮影しておきたかったんだよね。他の出版社も一斉に真似をしてきていたし、そこにも負けたくはなかった。でも、現場で嘘をつかなくちゃならないのは嫌だったね。『これ、透けてませんか?』ってモデルに言われても、大丈夫大丈夫って。一応、その子たちってアイドルになりたくてプロダクションに入ったわけじゃん。それが何十万部も発行してる雑誌に、乳首が透けてる写真を掲載されて、同級生にでも見られたらどうなるのかって思うと胸が痛んだよ…」

 もし、大好きなあの子の乳首がエロ雑誌に掲載されたら…。「メチャクチャしこりますよぉ!」と悦ぶサイト主をギロリと睨み、先輩は不機嫌な調子で話を続けた。

「で、二つの目の事件も同時期に起こって、それはある雑誌で、13歳と14歳のヌードを掲載したこと。股間はどうだったか忘れたけど、乳首は誌面で公開した。聞いたところによると親が許可を出したらしい。当時は親が許可を出せば、未成年者でもヌード写真を出していいのではないかとの認識が編集部にあって、やっぱりそのことでお咎めを受けるようなことはなかったと思うよ。そんなことが許されたんだから、当時は今よりよっぽど自由だったってことだな。ロリ人種にとっては天国だよ」

 そんなイケイケの時代。本格的に素人系アダルト雑誌の制作に携わることになった先輩は、図らずも児童福祉法違反という犯罪に手を染めることになるのだが、その詳細は次回でお伝えすることにしよう。

 

dddちなみに25年前をグーグルで画像検索するとこんな感じに。

 

 

続きを読む>

チェケラッチョハゲラッチョ伊東
1972年〜2013年までの現代日本人男性の視床下部言語野データを全網羅し、最も適切な語句、文字列、音配列を自動生成して1200文字に落とし込むカストリ本ライタープログラム(嘘)

伊藤MILK!記事一覧

カチカチ丘コラム一覧