【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第十回 「地球の裏側のパンツ泥棒事情」

 

「下着泥棒は日本特有の陰湿な犯罪」

「セックスに消極的な日本男性の気質が表れている」

「あんな布切れを手に入れて何が嬉しいのか」

 

 とあるサイトの記事によると、日本在住の外国人はよくそんなことを言うらしい。確かに、我が国では頻繁に下着の窃盗事件が報道されている。教師や警察官や医師など、それなりに社会的地位がある者が犯人というケースも珍しくなく、外国人の目にそんな状況が奇異に映るのは、まあ分からなくもない。

 だが、下着愛好家は世界中に存在するに決まっているし、どこの国でも多かれ少なかれ下着の窃盗はあるだろう。にも関わらず、地球上のパンティを全て日本人が窃取しているとでも言わんばかりの、その傲慢な言い草は何 だ。私がこの世で一番嫌いな行為、それは「責任転嫁」だ。自分のことを棚に上げ、他人を攻撃することだけに精を出す人間の何と多いことか。第一、たかが下着泥棒で国民性など語ってほしくない。外国人がyoutubeにアップした東京観光の動画には、必ず「wow…ゴミ一つ落ちてない。日本人は何て清潔なんだ!」といった馬鹿丸出しのコメントが散見されるが、私が生まれ育った荒川区の街には未だに路上生活者が溢れているし、私自身、部屋の掃除は一昨年の大晦日以来していない。要は、体よくトリミングされた情報を真に受けて表層的な印象を語ることの愚かさを知れ、ということだ。そんな憤りを覚えつつネットのニュースを見ていると、こんな見出しが目に飛び込んで来た。

 

「パンティー強盗」の警官6人を逮捕、ブラジル(AFP=時事)

 
 サンパウロの路地裏で、アドリアナ・リマ似の美女が警官に取り囲まれている。美女はガタガタと膝を震わせ「お願い、許して」と懇願するが、6人の警官はくちゃくちゃとガムを噛みながら薄ら笑いを浮かべている。

「いいから早く脱ぐんだ」

 痺れを切らした警官の1人・ペドロが腰の警棒を抜く素振りを見せると、美女は観念したように「やめて。わかったわ」と呟き、ミニスカートの裾に手を入れる。非の打ちどころが無いほど端正な顔には恥辱と憤りの表情が浮かんでいるが、それが余計に美貌を映えさせるのだから皮肉なものだ。固唾を呑む警官たち。一瞬の躊躇いの後、細く引き締まった太股にスルスルと降りて来たのは黒いレースのTバックだった。ヒュ~。6人の中で最も若いアントニオが思わず口笛を吹く。「早く嗅がせろよ」と舞い上がるアントニオを横目に、勤続10年のカルロスは妻エリスのことを思い浮かべた。家事は怠け放題で、惰眠を貪ってばかりのエリス。毎日シェラスコばかり食べ、ぶくぶくと太っていくエリス。結婚当初60kgに満たなかった体重は、今や90kgを超えようとしている。5平米にも満たない小さな庭に干されたLLサイズのパンティはゴムが伸び切り、まるでボロ雑巾のようだ。それに比べ、今目の前にあるTバックの何と美しいことか─。

 美女は目に涙を浮かべ、くしゅっと丸めたパンティを警官に差し出す。
「よし、いい子だ。用は済んだぜ、もう帰りな」
 リーダー格の警官・ジョゼがそう言って美女を帰し、手に入れたばかりのTバックのクロッチを、すーっとひと嗅ぎする。
「ああ、いい匂いだぜ。ブリガデイロよりスイートだ」
 ジョゼが率直な感想を口にした後、6人はこんな会話を交わす。
「おい、独り占めするなよ。早く俺にも嗅がせろ」
「焦るなよ。それはそうと、これで何枚目だ?」
「17枚だ。きっちり6等分するには、あと2枚」
「あと1枚だろ。パウロ、学校で割り算を習わなかったのか?」
「…割り算って何だ?」
「割り算なんて出来なくても勤まるのがブラジルの警官だ。そうだろ?」
「その通り。あと1枚で、1人3枚か。ハットトリックだな。ネイマールみたいだぜ」
「お前がネイマールなら、俺はオスカル」
「俺はロナウドだ」
「じゃあ俺はロナウジーニョ」
「俺はロマーリオだな」
「俺はペレ」
「ペレは反則だろ。神様だぜ。お前はせいぜいロビーニョだ」
「分かったよ。ロビーニョも悪いプレイヤーじゃない」
「OK、最強の布陣だな。さあ、もうひと仕事だ」
「vamos!」
 そして彼らはこの夜最後のターゲットを探しに、闇の中に消えて行くの だ。
「La la la~la~La la la la~la la~la~」
 アントニオが不意にメロディーを口ずさむ。セルジオ・メンデスの『Tristeza』だ。
「『悲しみよさようなら』か。いいセレクトだぜ」
 次第に6人の歌声は大きくなり、足取りも軽やかになってくる。
 数10メートル先には、ジゼル・ブンチェン似の美女が歩いている。背後から世界最凶のストライカー軍団が迫っているとも知らずに─。

 私の頭には一瞬のうちにそんな情景が浮かび上がったが、記事本文を確認すると、事実は実につまらないものだった。6人の警官は女性用下着を運搬中のトラックを制止し、運転手を監禁したうえ9000レアル(約40万円)と荷台の下着を脅し取ったという。奪った下着はそのまま転売していたというから、彼らにパンティに対する愛着は無く、金になればそれがコーヒーでもサトウキビでもよかったのだ。南米らしいと言えばそうなのかもしれないが、情緒もインテリジェンスも感じさせない大味で陳腐な事件の顛末に、私はひどく落胆した。

 こんな美女がパンティを強奪されるシーンを想像していたのに…!

gazou

住吉トラ象
元エロ本編集者。現在は派遣労働者。60~70年代のソウルミュージック、イイ女のパンツが好きです。座右の銘は「ニセモノでも質の高いものは、くだらない本物よりずっといい」(江戸アケミ)

今夜、すべてのクロッチを記事一覧

カチカチ丘コラム一覧