【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第六回 「息子がシコりまくっていたら」

 

 

_2013gonzaga_022

 

 

 私は妻も子供もいないが、思春期の息子がいてもおかしくない年齢だ。

 

 もし息子がいたら、私に似てシコりまくるのだろう。
私が15~16の頃は、親が見かねるほどシコっていた。直接的な注意こそ無かったが、帰宅すると、机の引き出しの中にしまっていたはずのエロ本が、本棚の教科書と一緒に並べられていたり、あの頃の実家は心理戦だった。

 

 今のところ予定はないが、将来シコりまくる息子を持った時に備え、シュミレーションをしておく必要がある。世の中は私がシコりまくっていた頃と大きく様変わりしており、自然に治まるなどとたかをくくっていると、とんでもない結果を招くかもしれない。

 

 ある日、仕事から帰宅すると、だしぬけに妻から、息子がシコりまくっている事を告げられる。毎日5~6回シコっているそうだ、

 

 久々の夫婦間の会話が、息子がシコりまくっているだなんて。
豪快に笑い飛ばそうかと思ったが、妻の表情は硬く、そういう雰囲気ではない。

 

 「俺もあいつくらいの年頃は、それくらいシコっていた。
だから大丈夫だ」

 

「だからこの程度の男なのか」と言わんばかりの視線が痛い。

 

 「まあ・・・あれだ。あいつはグレたりもしてないし、十代特有の暴発的なエネルギーをシコりまくることで解消していると考えれば結構なことだ。
人様に迷惑をかけるくらいならシコろうと、あいつなりに考えているのかもしれん。
・・・とにかく、草食系なんて呼ばれてる若いくせに性欲があるのかないのか分からん無気味な連中よりもはるかにまともだよ・・・」

 

 結構いい事を言ったつもりだったが、妻には気休めにもならなかったようだ。

 

 妻は異臭を放つゴミ箱の中身の後始末を2年前からほぼ毎日続けており、高校受験を前にしても全くペースを落とさない息子のシコりっぷりに完全に参っていた。

 

 息子の部屋にはエロ本やエロDVDの類いは一切なく、何をズリネタにそんなにシコっているのかが不明なことも妻の不安に拍車をかけていた。

 

 部屋から漏れ出すほどの異臭を放ち続ける兄に一つ下の妹も気味悪がっているのだという。

 

 「お兄ちゃんには夢が無いね」などと面と向かって言い放ち、妹は兄にバラバラにされて、我が家は破滅してしまうかもしれない。妻はそんな事まで心配していた。

 

 おまえのそういう想像力の逞しさが受け継がれて、あいつはオナニストになったんじゃないのか。と思ったが、黙っていた。

 

 同じ家に暮らしていて、あんな尋常じゃない匂いが気にならなかったんですか?さてはあなた、今でもシコりまくっているんじゃ・・・?

 

 いよいよこちらにまで飛び火してきた。
自分の腹を痛めて産んだわが子のザーメンですら辟易している妻に、俺はもっぱらブッカケもので抜いているなどと正直に言えるはずもない。

 

 「落ち着け!俺までシコっていたら、もっとくさい。
ここは要点を絞ろう。問題はあいつが何をズリネタにしてそんなにシコっているかだ。
これでシコっていたらヤバいというジャンルはいくつかあるが、そうだな・・・バッキーのAVでシコってたら、結構ヤバいな」

 

 バッキーとは、ビデオ制作会社「バッキービジュアルプランニング」のことで、会長を始め関係者の多くが逮捕され、既に解散している。出演した女優が大怪我を負い、告訴したことから、撮影で行われていた残虐行為の多くは演出ではなく、本当の暴力行為であったことが明らかになったのだ。車椅子生活や人工肛門を余儀なくされた女優もいるという。問題となった作品「問答無用 強制子宮破壊」、「水地獄」の内容とは・・・・・

 
 精神的に参っているところに酷だとは思ったが妻はバッキー事件の詳細を聞いてくれた。

 

 普通にエロいものでシコっているならともかく、女性が心身ともに痛めつけられている映像を見てシコりまくっているのなら、親として見過ごすわけにはいかない。

 

 「部屋にエロ本やDVDがないということは、おそらくパソコンにズリネタが詰まっている可能性が高いぞ」

 
 妻と共に息子の部屋に入る。ザーメンの匂いにむせ返る。登校前にもシコっていたのか。

 

壁紙が水責めに遭う女性の画像だったらどうしようと緊張しながらパソコンを起動すると、パスワードが設けられていた。息子の誕生日を入れてみたが駄目だ。
バッキーの会長の誕生日や「バッキー」と入れてみたが通らない。

 

「バッキーの信奉者ってわけじゃないみたいだぞ」

 

 妻の表情は晴れない。安心していないようだ。

 

 「スマートフォンだな。最近のスマートフォンは容量も大きいからそっちにエロいものを入れて手軽にシコっているのかもしれん」

 

 帰宅後、今日も安定の5、6発の射精をして、ぐっすり眠っているのを見計らい、息子の部屋からスマートフォンを持ち出すことに成功した。こっちはパスワードを求められることもなく、容易にデータフォルダにアクセスできた。

 

 同級生と思しき女子生徒や、通学途中に階段やエスカレーターで前にいた女性の逆さ撮り画像が大量に入っている。画像の情報を見る限り、ネットから拾った画像などではなく、息子が自分で撮影したとみて間違いない。完全に常習犯だ。

 

 画面をそっと閉じ、ゆっくりと妻のほうに向き直る。

 

 「バッキーでシコってなかったみたいだから大丈夫だ」

殿方充
芸人。「浅草お兄さん会」第6代チャンピオン。「下ー1グランプリ」第1回、第3回優勝。4才よりオナニーを継続中。

竿に訊け記事一覧

カチカチ丘コラム一覧