【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第二十三話

 

 

 「ああ、硬い…」

 京華は上擦った声でそう言いながらゆきのイチモツの先端にそっと指を絡めた。

 中指で、先端の小さな裂け目から溢れ出していた粘液を掬うと、その指を口に咥えて粘液を味わった。

 「変態ちゃん、美味しいかね。変態ちゃんはそこから出るものなら何でも飲みたがるね。いいよ、いいよ、好きなだけ味わいなさい、今日は私もミルクを出して飲ませてあげるから、ふふふ」

 「先生」はイチモツを握り締めながらドアの近くまで歩いてきてそう言った。

 「今日は、もっと美味しいものも飲ませてあげるから、さあ、ベッドの方に行って、行って」

 「先生」は、京華の一本筋を指先で撫でると、ゆきの手を取って自分のモノを握らせ、3人でくっついたまま、ベッドの方へとゆっくりと移動した。

 ベッドの上には、白衣をはだけたナースが股を開いて座っていた。

 パンティもブラも着けていない。

 「ほら、変態ちゃん、あそこからも美味しいジュースが溢れ出しているから、ペロペロして味わってごらん」

 「先生」に言われた京華は、苺香の股に顔を埋めた。

 ペチャペチャという、猫が水を飲む時のような音に混じって、苺香の切ない声がホテルの部屋に響いた。

 「じゃあ、これをちょっと挿れてみるからそこどいてごらん」

 「先生」はそう言って京華にクンニリングスを止めさせると、バイアグラで硬くしたモノをナースの裂け目へと突き刺した。

 「ゆきさんも、ほらこっちへ来て。ナースの隣に寝てごらんなさい」

 「先生」は、ナースと結合したままそう指図した。

 ゆきがナースの隣に仰向けになると、「先生」に突かれて欲情してしまったナースが唇を吸ってきた。

 その刺激で、ゆきのイチモツは天井を向いた。

 「変態ちゃん、そこに跨って腰を下ろしてごらん。女の子の大きなクリちゃんを自分の濡れたところで食べてみるんだよ」

 京華が服を着たまま、ゆきの腰を跨いで立った。スカートの下には裂け目が見える。あそこに、間もなく自分のイチモツが埋まっていくのか。またしても、コンドームも着けないまま・・・!

 京華は、そこにしゃがむと、右手でゆきのイチモツを持った。そして、それを自分の中に収め、腰を沈めた。

 額から脂汗を流しながら大金の入った紙袋を抱えた平松の耳に、近くの交差点で人が死んだみたいだという声が入ってきた。

 「ああ、さっきの事故か」

 平松は他人事のように、ロビーにいる見知らぬ男たちの声を流し聞きしていたが、その声の中に「チェックのシャツ」という単語が出てきた時、背筋にゾクッと電気が走ったのを感じた。

 平松が早足で事故現場に到着した時には、すでに救急車の姿はなく、複数の警察官が、横断歩道の上を大きなメジャーを持って、行ったり来たりしていた。

 路肩には、ウインカーの割れた白い個人タクシーが停まっていた。

 警察官に付き添われて行った浅草病院で、平松は有田の死亡を知った。

 家族ではないという理由で遺体を見ることはできなかった。

 照明が一部だけついた、薄暗い病院の待合室に置かれた緑色の長椅子に倒れ込むようにして腰を下ろした平松の目からは涙が滝のように溢れてきた。

 思わず口から漏れた「うわーん」という泣き声が静まり返っていた待合室に響いたのに驚いたのは平松自身だった。

 我に返った平松は、タクシーを拾って、まず兄に電話をした。

 汗で、しわくちゃになった紙袋を決して置き忘れないように、改めてギュッと抱いた。

 言問通りを大塚に向かって走っていたタクシーは、こんにゃくえんま前で右折し、千川通りに入った。

 「まさに夢のようだとは、このことだ」

 平松は、運転手に聞こえないように、自分の口の中で小さく言葉を吐いた。

 「まさに夢のようだ」

 ゆきは、自分のモノが温かく柔らかな粘膜にすっぽりと包まれた感覚に、胸の中でそうつぶやいた。

 唇を吸っていたナースが離れると、ゆきの視界に、京華の美しい顔が飛び込んできた。

 柏木ゆきに似ているのは、鼻が大きくて丸味を帯びているせいだろうか。

 視線をゆっくりと下へとずらしていく。

 水色のワンピースの奥では、大きな乳房が揺れている。

 上野での撮影の時、その形のいい乳房を見た柏木は、自分には永遠に手が届かないものだろうと思った。

 そこにあるワンピースの裾を捲れば、憧れのキャバ嬢と自分の結合部分が見えるに違いない。

 ゆきは、余りにも幸せ過ぎて、イチモツに与えられている快感を堪能する余裕などなかった。

 

 

meisou

志井愛英
小説家。昭和41年生まれ。同性愛者、風俗嬢、少数民族、異端芸術家など、マイノリティを題材にした作品が多い。一部の機関誌のみでしか連載しておらず、広く一般に向けた作品は本篇が初。

瞑想サウナ記事一覧

カチカチ丘コラム一覧