【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第七話

 

 池袋駅の北口には、狭い路地を挟んでラブホテルが建ち並ぶ一角がある。

 9月のある日の夜、どこからともなく漂ってきた金木犀の匂いが、ラブホテル街を歩く柏木の足を止めた。

 あたりを見回しても、金木犀の木も花も見当たらない。恐らく、朽ちかけたように見える、今はもう営業していない旅館の塀の内側にでも、ひっそりと、金木犀がオレンジ色の小さな花を咲かせているのだろう。

 最初にこの路地を通った時、柏木は、紫陽花が咲いていたことを思い出した。

 それは、初めて黄金会館に行った日の翌日だった。

 あれから3ヶ月経った今、柏木は、男たちから、「ゆきちゃん」と呼ばれていた。

 男たちは、「純男」と呼ばれるカテゴリーに属していた。

 「純男」とは、女でも、ニューハーフでも、女装でもない、普通の男という意味だが、同時に、ゲイでもないというニュアンスも、含んでいた。

 純男は、普段は、女と付き合い、女とセックスしているが、好奇心や性欲が強過ぎる余り、時に、ニューハーフや女装子にも手を出してしまうし、ゲイの発展場に出入りすることもある人種である。

 ゲイではない男のことを、ノンケと呼ぶことは、柏木も以前から知っていたが、「純男」という言葉は、発展場のサイトを見るようになって、初めて知った。

 色白の柏木は、黒髪ストレートの、セミロングのウィッグが、よく似合っていた。

 白地に黒のドット柄のついたキャミソールの上に、ニットのカーディガンを羽織り、レースの付いた白いミニスカートをはいた。

 脚には、ニーハイソックスと、先の丸いパンプス。

 路地を抜けたところに建つ雑居ビルの中に柏木が週1で通っている、DVDボックス「ミスト」はあった。

 4階に、「ミスト」の受付と、貸し出し用のDVDが並ぶ棚と、借りたDVDを観るための個室が14室ある。

 受付で、個室のキーをもらったのは、もはや童貞編集者の柏木ではなく、人気女装子のゆきだった。

 ゆきという名前は、同姓のアイドルから取って、柏木が自分でつけた。

 ゆきは、ビルの外階段を通って、5階に上った。

 そこには、軽食とドリンクを出してくれるカウンターと、そのすぐ横に、ソファーが置かれた、ラウンジがあった。

 5階には、その他にも、女装子に変身するためのメイクルームや、女装グッズの貸し出しコーナー、また、4階の個室よりも広目の個室が8室あり、廊下の突き当たりには、仮眠室もあった。

 5階の個室は、女装子に優先的に割り当てられていった。

 ゆきは、Cという個室に荷物を置くと、貴重品と、ローション、コンドームだけをポーチに入れて、カウンターへと向かった。

 個室に外からは鍵は掛からないが、荷物の大半は、男物の下着や服だから、盗まれる心配はない。

 カウンターに座ったゆきは、たちまち、ラウンジにいた3人の純男たちの視線の餌食になっていく。

 男たちの視線は、まず、露出しているゆきの太ももに絡みついた。

 次に、チラッとゆきの顔を見た男たちは、つま先から頭までを、舐め回すように眺めていく。

 ゆきが、わざと脚を組み替えると、男たちの頭が一斉に動いた。

 ゆきは、男たちが、自分のパンチラを見ようとしていることが、とても心地よかった。

 今、ゆきとして、黄金会館に行ったなら、他のオカマ、いや、女装子よりも、モテる自信はあった。

 ミストに行く日の朝、柏木は、店のサイトの掲示板に、来店予告の書き込みをして、前回女装した時の写真を添付する。

 仕事が終わると、新宿の女装サロンで化粧をして、服を着替え、ゆきになる。

 3ヶ月前は、2時間で2万4千円の料金を払い、プロの手で変身させてもらっていたが、今は、ロッカーとメイクルームを使っているだけで、メイクは全て自分でできた。

 それでも、地下鉄副都心線に乗って、新宿三丁目から、池袋へ向かう間は、恥ずかしくて、顔を上げることはできなかった。

 地下鉄の中で、ゆきはスマホを片手に、自分の書いた来店予告へのレスをチェックする。

 複数の純男から、「ラウンジでお会いしたいです」、「アラフォーのサボリーマンですが、よかったらお話ししませんか」といった書き込みが、いつも10件近くはあった。

 今日も、8人の純男からレスがあったから、今ラウンジにいる3人の中にも、レスした男がいるかも知れない。

 ゆきは、カウンターに座ってスマホを覗き込みながら、勇気ある純男から声が掛かってくるのを待った。

 ミストに来れば、必ずナンパされるわけではなかった。

 黄金会館のように、寝た振りをしていれば、勝手に手が伸びてくるようなことも、もちろんなかった。

 女装子のカラダを弄びたいと思ってミストに来た純男も、いざ、女装子を目の当たりにすると、緊張して声を掛けることがなかなかできない。

 

meisou (1)

 

 

 

 その時、ゆきは、スマホのガラスに、男の影が映り込んだのが分かった。

 ドキッとして、後ろを振り返ると、日焼けした肌に、チェックのシャツを着た中年男が、「キレイですね」と、話し掛けてきた。

 それは、カメラマンの有田だった。

 「ゆきさんですよね。掲示板にレスした、カズです」

 有田は、物腰柔らかにそう言った。

 ゆきは、無意識のうちに、右手で鼻の頭を摘んでいた。

 

志井愛英
小説家。昭和41年生まれ。同性愛者、風俗嬢、少数民族、異端芸術家など、マイノリティを題材にした作品が多い。一部の機関誌のみでしか連載しておらず、広く一般に向けた作品は本篇が初。

瞑想サウナ記事一覧

カチカチ丘コラム一覧