【動画販売再開!!】東洋太平洋初のセンズリ情報専門サイトが世界を獲る!

第五話

 

2人の男は、座っている柏木の前、80センチのところで立ち止まった。

外国人の方が、もう一人の男のイチモツを握る。すると、握られた男も、右手で外国人のモノを握り、左手で、外国人の乳首を摘んだ。

2人の間に、会話は一切無い。その2人が知り合い同士なのかどうかも、柏木には分からなかった。

外国人は、柏木に見せつけるように、もの凄いスピードで、男のモノを扱き始めた。

柏木が、AVを見たり、実際に大塚のピンサロで体験した、女による手コキとは、スピードが全く違う。

男の方も、同じくらいのスピードで、外国人のモノを扱いた。

外国人が、左手を男の頬に当てて、顔を引き寄せ、唇に吸い付いていく。

2人は、舌を出して、それを絡め合う。

男同士のディープキス。そんなもの、柏木は、映像でも、見たことがなかった。

外国人の握る力が強過ぎるのか、それとも射精しそうになったからか、男は、時折、右手で、外国人の手を制して、待ったを掛けた。

柏木は、そんな光景を目の前にして、自分の手で、自分のモノを扱いた。

それは、私も同類なので、遠慮なく続けてくださいという、柏木なりのサインだった。

もちろん、柏木はゲイではない。女とセックスもしたことがない、27歳の単なる童貞だ。

しかし、そんな柏木の口許に、外国人は、握った男のイチモツを持ってきたのだった。

言葉は無い。

柏木は、左手の親指と人差し指で、鼻の頭を摘んだ。

どうすればいいのか。握れということか。いや、違う。

 

 

meisou2

 

 

それは、柏木にとって、はじめての感触だった。

恐れていたような、匂いは一切無い。ウインナーより軟らかく、舌に当たる感じは、ツルツルしていた。

歯を当ててはいけないという意識はあったが、口や舌を、どう動かしていいのか見当も付かない。

男のモノを口に含んでいる柏木のイチモツを、外国人が握った。

それは、もう、硬くはなかった。それなのに、外国人が早いスピードで扱くので、柏木は痛みを感じた。

外国人は、反対の手で、自分のモノを自分で扱いている。

男は、柏木の口に入り切らない根元部分を2本の指で扱いていく。

そして、外国人と男が、再び舌を絡めた瞬間、柏木の口の内に、生温かいものが放たれていった。

噂で聞いていたような苦さはなかった。ただ、舌の先が、ピリピリと痺れるような感じがした。

男が、柏木の口から抜き取ると、柏木は、口の中に溜まった精液を、石の床に吐き出した。

男は、手桶で湯瓶からお湯を汲んで、それを流した。外国人は、もういなかった。

男は、3回ほど、床を流すと、何も言わず、瞑想サウナから出て行った。

一人になった柏木は、その湯に何度も唾を吐いた。手桶で汲んだお湯で、口をゆすいだ。

鼻の奥に、栗の花の匂いに似た、青臭さが残った。

自宅へと歩いて帰る途中も、柏木は唾を吐き続けた。

自販機で、ブラックコーヒーを買い、それでうがいをした。

ガラガラと、顔を上げた時、青い月が目に入った。

今日あったことは、もう誰にも言わない。

有田が、男の精液を口で受けたことがあるのかどうかは、知らないが、柏木は、有田を越えたと、自分で思った。

次の日の夜、柏木は浅草に向かった。

黄金会館と書かれた黄色い看板をひっそりと出していた、そのサウナは、浅草寺の裏手にあった。

月は、昨日より、円形に近づいていて、アスファルトに、柏木の影を作っていた。

『会員制』と書かれたドアを引いて、中に入る。

会員制というのは、ゲイでない人が、間違って入って来ないように書いてあるだけだと柏木は有田から聞いていた。

券売機で2千3百円の入場券を買い、それと引き換えに、フロントでロッカーキーと、タオル一式を受け取る。

フロントには、『コンドームの必要な方は、お申しつけ下さい』と、書かれた紙が貼ってある。

柏木は、無意識に、指で鼻頭を摘んでいた。

ロッカールームへと向かう途中に、テレビとソファが置いてある洗面室があった。

40代から50代の、短髪の男が3人、ソファでくつろいでいた。

イチモツを露出したり、男同士でキスをしていたりはない。

しかし、そのうちの2人から、全身を舐め回すような視線が送られてくるのを、柏木は感じた。

ロッカーに服と下着を入れ、背中に、『黄金』と書かれた薄手のガウンを羽織って、バスルームへと向かう。

サウナと言っても、バスルーム自体、街の銭湯の半分ほどの広さしかなかった。

白髪の痩せた老人が、1人だけいて、身体を洗っていた。

そこから、3つ離れたラカンの前で、柏木は、イチモツの皮を剥いて、石鹸で洗った。

その様子を、白髪の老人が覗き込むように見ていたが、柏木は、顔を合わせなかった。

早くも、3人にもモテたと、柏木は思った。

さっさと洗い終えた柏木は、半勃ちのモノがわざと老人に見えるように立ち上がると、少しだけ尻を振りながら歩いて、バスルームを出た。

 

志井愛英
小説家。昭和41年生まれ。同性愛者、風俗嬢、少数民族、異端芸術家など、マイノリティを題材にした作品が多い。一部の機関誌のみでしか連載しておらず、広く一般に向けた作品は本篇が初。

瞑想サウナ記事一覧

カチカチ丘コラム一覧